銀杏の栄養素・効能…銀杏中毒にならない適量は何個まで?




【管理栄養士が解説】銀杏(ぎんなん)は果実は臭いですが、種はおいしく栄養豊富な秋の味覚。漢方薬ではイチョウの葉が血流改善や認知症予防に使われますが、食用の銀杏には抗利尿作用も。一方で銀杏中毒を起こす危険性もあるため、食べ過ぎには注意。銀杏の栄養価や効能、小児・大人の適量、おすすめの食べ方も含めて解説します。
Source: AllAbout健康

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました