ストレスには種類がある?1つは「ヘルシーストレス」、もう1つは?

健康
生きていくうえでストレスは、あって当たり前。でもストレスをため込まないことが大事なのです。ストレスをため込まないためには、どうすればいいのでしょうか? ストレスに関する書籍の多くは、「ものごとを前向きに受け止める」「〝こうあるべき〟ではなく、柔軟に考える」など、心からストレスにアプローチする方法を紹介しています。でも本当にストレスできつい思いをしているときに、心の在り様を整えるのはけっこう大変です(以上書籍より抜粋)。

そこで今回は、腸研究の第一人者、松生恒夫先生による著書『大丈夫! 何とかなります ストレスは解消できる』から腸の状態を整え、腸へのストレスを減らすことで、脳や心を元気にする方法をピックアップしてお送りします。【腸と健康 #1】

 
何をストレスと感じるかは個人差がある
 体や心に外から加わる刺激はストレッサーと表現するのが正確なのですが、私たちは一般的にストレッサーのことをストレスと呼んでいるので、ここでもストレッサー=ストレスと表記して説明します。さてストレスにはさまざまな種類があり、何をストレスと感じるかは人によって異なります。
気温を例にとってみましょう。夏は25~28℃ぐらい、冬は18~22℃ぐらいが快適な室温の目安だと言われています。でもこれはあくまでも目安で、この温度を快適だと感じるか、「暑い」「寒い」と感じるかは人それぞれです。

 
良いストレスと悪いストレス


ですからAさんにとってストレスとなることが、Bさんにはまったくストレスにならないということがよくあります。また、ストレス=体によくないもの、と決めつけがちです。でもストレスには体や心にとっていい作用をもたらすヘルシーストレス(良いストレス)と、悪い作用をもたらして病気やトラブルを引き起こすキラーストレス(悪いストレス)とがあるのです。

たとえば転職など、新しい環境に飛び込むと緊張したり、不安になったりするものです。あまりに緊張が強すぎると「新しい職場で失敗したらどうしよう」と不安がさらに高まって、腹痛を感じたり下痢をしたりするかもしれません。こうなると「転職」は体に悪い影響を与えるキラーストレスとなります。でも逆に「新しい会社で働くのだから、失敗は当たり前。ゼロからのスタートは逆に頑張りがいがある」と受け止めることができれば、その人にとって「転職」はヘルシーストレスになるのです。

 

[hidefeed]

▶ストレスが原因で現れる反応って?>>続きを読む

 

大丈夫! 何とかなります ストレスは解消できる
松生 恒夫 ・著 中村知史・イラスト 主婦の友社・刊

[/hidefeed]

 

あなたのそのストレス、軽くなります!
腸研究の第一人者、松生恒夫先生による、
腸からはじめるストレス解消アイデアが満載です。



大丈夫! 何とかなります ストレスは解消できる
松生 恒夫 ・著 中村知史・イラスト 主婦の友社・刊
Source: OTONA SALONE[オトナサローネ]WELNESS

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました